インポテンツという言葉は昨今、ED・勃起不全などの呼び方に変化しています。いずれも同様の意味をさす言葉ですが、現在では医学の発展とともに治療が可能な症状とされています。お薬での治療のほかにも精神的な面からも改善していきましょう。

インポテンツの原因とは~勃起のメカニズムから探る

インポテンツとは勃起不全を指す言葉です。症状の程度は人によって異なりますから、満足な性交渉を行うのが難しい、勃起に対する障害と解釈される場合もあります。インポテンツの原因は様々あり、これは勃起が起こるメカニズムを知るととても理解しやすいです。陰茎が勃起するためには、まずは性的刺激を視覚や聴覚などで感じることが必要です。そのためもし、性的事柄に対して嫌悪感やプレッシャーがある場合、また悩み事や疲れ、ストレスがあったりして性的刺激に対する感応が悪くなっている場合は、それがインポテンツの原因になることもあります。パートナーとの間に性的交渉に対する見解の不一致などがある場合も、同様です。性的刺激を感じた場合、次はそれが脳から信号となって陰茎海綿体に伝わることが必要です。そしてそのことによって陰茎海綿体の動脈が広がり、その内部を十分な量の血液が流れることも必要となります。しかしけがや病気を原因として脳からの信号が陰茎海綿体にうまく伝わらない、また陰茎海綿体の動脈内を流れる血液量が不十分と言う場合は、インポテンツが起こりやすくなります。頭部や脊椎に関するけがや病気、また血管系で言えば高血圧や動脈硬化などの様態がある場合が、これに該当しやすいです。特に後者においては、乱れた食事内容や不規則な生活習慣が続いていると、明らかな病気としてではなくても、インポテンツと言う形となって出てくることも多くあります。そしてそれらの治療に際して、神経系や血管、血流に作用をもたらす薬を服用していると言う場合、その副作用によってインポテンツが起こることもあります。インポテンツは治療が可能な状態です。しかし適切な治療を施すためには、まずは原因を特定することが必要です。ですから気になる症状が見られた場合には、まずは病院にかかることが求められます。