インポテンツという言葉は昨今、ED・勃起不全などの呼び方に変化しています。いずれも同様の意味をさす言葉ですが、現在では医学の発展とともに治療が可能な症状とされています。お薬での治療のほかにも精神的な面からも改善していきましょう。

インポテンツの治療薬で皮膚湿疹が発現した場合の対処

インポテンツは勃起不全とされていますが、実際には病気や外傷、精神的なストレスなど様々な原因で起きる現象で、男性の性器が勃起するにもかかわらずそれを維持することができない場合にはEDとして治療の対象となりますが、外傷や病気などで勃起が不可能な場合には特別な器具を用いてセックスを行うことができますが、それも不可能な場合は体外受精によって子供を作ることになります。インポテンツは日本ではEDと同じ病気として扱われているので、治療法も勃起の維持を目的としたバイアグラなどの勃起改善薬で行われています。インポテンツの治療薬としては勃起を維持する薬と、SSRIのような射精を遅らせる薬が用いられていて、二種類同時に服用するとセックス1回あたり5000円程度の費用が必要になるので、治療の必要がある場合には認知行動療法などで根本的な治療を行う必要があります。治療薬による皮膚湿疹の発現は主にSSRIの薬の副作用として見られるもので、とくに日光にあたると皮膚湿疹が発現することが多いので、気になる人はSSRIの薬を服用したら日光に当たらないようにすると皮膚湿疹の発現を防ぐことができます。SSRIはうつ病やパニック障害などの治療に用いられる薬ですが、射精障害の副作用があることからインポテンツや早漏の治療薬として用いられるようになっています。ED治療薬は健康な男性でも入手が可能になっているので、セックスを楽しむために利用されることもありますが、とくにSSRIの薬と勃起改善薬を服用することで射精までの時間を長くすることができるので、中高年の男性に人気となっていますが、他の薬との飲み合わせの問題があるので、医師による適切なアドバイスが必要とされています。